車検に自動車納税証明書は不要!その条件と再発行方法

生活

車検の時についつい忘れがちになるのが自動車納税証明書。

もうすぐ車検なのに家の中をいくら探しても見つからない…。

そんな時、納税証明書を再発行する方法を紹介していきます。

また、一定の条件を満たすことでそもそも納税証明書が不要になることがあるので

そちらも併せて紹介します。

 

自動車納税証明書ってどんな時に必要?

自動車納税証明書は毎年5月頃に自動車の所有者に対してかかる自動車税の

納税が完了した時に発行される証明書です。

この証明書が必要になるタイミングは車検の時以外では

・車の売却時

・自動車のローンを完済した時

があります。

どちらも頻繁にするような事ではないのでついつい雑に扱いがちですが

いざという時に慌てないようにするためにも

証明書を貰ったらすぐに車検証と一緒にグローブボックスにしまっておきましょう。

 

車検で納税証明書が不要になる条件

少し前までは車検の時には納税証明書がないと車検を受ける事ができないといわれてきましたが

最近ではクレジットカードやペイジーを利用してオンライン上での決済が可能になってきて

納税書の出ないパターンが増えてきました。

そして、2015年4月より以下の条件を全て満たしている場合は車検時に自動車納税証明書を

提出する必要がなくなりました。

その条件がこちらです

 

・自動車税を滞納していない

自動車税を納税した時にオンライン上に納税情報が保管されます。

車検時は陸運局や納税事務所がその保管された情報をもとに所有者が納税したかどうかを確認するので

納税をしていなければ当然バレてしまいます。

 

・納税から約1か月が経過している

支払い方法によってオンライン上に反映されるスピードが違います

一番早いのはコンビニでの決済で大体一週間

次いで県内金融機関での決済の約10日

県外金融機関の約1か月

となっています。

 

・継続車検である

対象の車が二回目以降の車検であることが条件ですが

大抵新車購入時は業者さんがやってくれているので

自分で受ける車検は継続車検であることがほとんどです。

なので、この辺りは特にきにしないでもいいかもしれませんね。

 

・普通車であること

現在、軽自動車や自動二輪車はインターネット上での納税確認ができませんので

納税証明書が必要となってきます。

なので、普通車のみが納税証明書の省略条件となっています。

 

このように普通車で自動車税をしっかり納めていれば証明書の提出は不要となっています。

 

自動車納税証明書の再発行の方法

もし証明書を紛失してしまった場合でも陸運局や各都道府県税事務所、自動車税管理事務所で再発行ができます。

再発行は代理人でも手続きできますが、必要な物がかわります。

・本人が手続き…印鑑・車検証・免許証や健康手帳など身分が証明できるもの

・代理人が手続き…上記に加えて委任状を必要とする

また、再発行の手数料は無料で手数料を支払う必要はありません。

手続きにかかる時間は空いていれば1時間以内で、混みあっているとそれ以上の時間がかかります。

 

無くても車検は受けれる・・・けどやっぱり無くさないのが一番

無くても普通車ならほとんどのケースで車検をうけることができるけど

それ以外でも自動車納税証明書が必要になることがあるので

やっぱり日頃から無くさないように管理する癖をつけることが一番ですね。

 

コメント