釣り道具のメンテにおすすめ!シラザン50のレビュー

レビュー

釣りを長くしていると、リールやロッドの汚れ・錆などは切っても切れない存在。釣行後に水洗いや注油などメンテナンスをしている方も多いと思いますが、愛着のある釣り道具なら、さらに大事に扱いたいものです。

私も長年釣りをしていますが、こまめに手入れをしていてもやはり小傷やサビなどは出てきてしまいます。今回は、そんな悩みを解決できないかと思い、見た目も綺麗になる便利なコーティング剤「ロッド/リール専用シラザン50」を使ってみたので紹介します。

シラザン50とは

シラザン50は、もともと車用のガラスコーティング剤として人気のアイテム。

最強のガラスコーティングです‼超簡単で誰でも出来る!!「シラザン 50」スプレータイプなのに本格ガラスコーティング

車好きの方なら結構知っていると思うんですが、撥水性や防汚性など性能は折り紙つきです。

今回紹介するアイテムは、ロッドリール専用ということですが、ガイド・PEライン・ルアーにも使用できるため、タックル一式をほぼ丸ごとコーティングできる優れものです。

シラザン50をロッドやリールに使うメリット

ロッド・リール用のシラザン50は、撥水・防汚性に加えて防錆や摩擦の軽減など、釣り人にとってありがたい効果が得られます。また、コーティング剤が小傷を埋めてくれるので、傷を目立ちにくくするのもメリットです。

超撥水

雨の日に釣りをすると、キャスト時にラインが張り付き放出しにくくなります。飛距離が落ちるのはもちろん、ライントラブルも起こりやすいため、快適に釣りをするためには対策が必要です。

撥水効果を施すと水を弾いてくれるので、ラインの放出がスムーズになり、快適性が向上します。また、水が付着することによりできる水垢が発生しにくいのもメリットの1つですね。

防汚性

シラザン50は被膜の密度が高いので、付着した汚れが奥深くまで行かず表面で止まります。ガンコな汚れになりにくいだけでなく、汚れを落としやすいのは嬉しいメリットです。

とくにガイドなんかは、汚れが残ったままだとラインと接触してラインブレイクの原因になります。見た目の良さを保つだけでなく、トラブル防止の意味でも活躍するでしょう。

また、コーティング後は、普段のお手入れも水洗いだけで済んでしまうので、手間がかからないのも魅力です。

防錆

海釣りをメインにする方にはとてもありがたい効果。海での釣りは、常に海水と潮風にさらされているため釣行毎にしっかりと清掃しないと錆が出てきます。

リールやガイドは影響を受けやすく、サビてしまうと性能の低下やトラブルの原因となります。防錆をするかどうかで、道具の寿命が違うので長持ちさせたい方はコーティングしておくのがおすすめです。

摩擦軽減

シラザン50には、ガイドやPEラインに使うことで、摩擦の軽減効果も得られます。摩擦が減って滑りが良くなるともちろん、飛距離のアップを見込めるのがメリット。さらに熱をもちにくくなるので、ラインへのダメージも減らせてしまいます。

PEラインには専用のコーティングスプレーもありますが、1本でさまざまなパーツをカバーしたいならシラザン50がおすすめです。

傷隠し

えぐれのような深い傷は無理ですが、ちょっとした浅い傷ならコーティングが穴埋めしてくれるので目立ちにくくなります。

釣りをしているとどれだけ注意していても、竿を置いた時や移動時に他のものと接触して小傷がつくんですよね。ロッドやリールは黒をベースにしているものが多く、余計目立ってしまいます。

性能面では変化はありませんが、やっぱり大事な道具はピカピカにしておきたいですよね。そういう意味ではメンタル的にも嬉しい効果です。

意外と簡単?シラザン50の使い方

コーティング剤を使ったことない方は「面倒な作業があったり専門的な道具が必要だったり大変なんじゃ?」と思うかもしれません。

しかし、意外とコーティング自体は簡単で

 

1.道具の洗浄

2.コーティング剤の塗り付け

3.乾燥

これだけで完了します。

乾燥のために待つだけの時間を抜いたら、30分もあれば終わります。

施工時の注意点

コーティング剤は結構刺激が強いので、マスクと手袋は着用しておいた方がいいです。

特に匂いが強いため、マスクがないと気分が悪くなる方もいるかもしれないので、付属のモノを使うか準備しておきましょう。

1.道具の洗浄

まず、コーティング剤を使用する前に汚れを綺麗に落としてあげます。この段階で汚れが残ってしまっていると、コーティングがうまくできずに効果が落ちるので、大事な作業です。

どの道具を洗うにしても水洗が望ましいです。

今回は、傷の分かりやすい黒色のリールを使ってみました。

汚れを落としてあげたあとは、しっかりと乾いたのを確認してから作業にとりかかります。

2.コーティング剤の塗り付け

シラザン50には、塗布用にマイクロファイバークロスとスポンジが同梱。スポンジは厚塗り用と少し大きめのサイズということで、ロッドやルアーへ塗る際におすすめです。

一方で、リールやガイドなど、複雑な構造や狭い部分にはマイクロファイバークロスがおすすめ。スポンジでは届きにくいところに塗れるうえに、塗りムラができにくいメリットがあります。

今回は、リールに使うため、マイクロファイバークロスを採用しています。

クロスの吸収力が高いので、3.4回吹き付けると良い感じに塗りこめるので参考にしてみてください。

3.乾燥


全体を一通り塗り終わってみましたが、かなり光沢が増しています。傷も深めのモノはさすがに厳しいですが、擦り傷程度なら気にならないレベルで消せているのも嬉しいポイントですね。

塗布後は、1日ほど置いたら使用可能に。完全硬化は1か月後なので、それまでは優しく洗ってください。

バス釣り用のリールに使ってみた感想

とりあえずコーティング後1週間ほど経ったので、釣行に持っていきました。

使用回数は5回ほど、1回大体4時間程度の使用時間です。

 

野池メインで草むらに置くことも多く、結構土などが付着しましたが汚れの落ちは良好。水洗いで指を使って軽くぬぐうだけである程度キレイになってくれます。あと、ちょっとした汚れならシャワーをかけるだけで十分なのは嬉しいですね。

こまめにメンテナンスするのが苦手な方でも、さっくりと終わるので手入れをしやすいんじゃないでしょうか。

そして、なにより驚いたのが撥水性の高さ。上記の写真は洗浄後ですが、すごい水を弾いています。シャワーをかけても水が落ちていくので、水滴がほとんど残りません。これなら、雨の日の釣行でも安心です。

 

そして、洗浄後も傷が出てこなかったので、コーティングの定着も良好。光沢も数回の釣行では変化が見られませんでした。

 

まとめ

今まで他のコーティング剤をいくつか使用したことがありますが、シラザン50はもともと車用のコーティング剤だということもあって撥水力はかなり満足のいくものでした。

使用後の手入れも、細かく磨く必要がないので時短にもなり、釣行後の疲れた身体でも無理なくできるのでおすすめです。

価格面はすこし高めですが、性能を考えると十分すぎるメリットがあります。お気に入りのロッドやリールなど、大事にしたい道具に使用してみてください!

 

 

ガラスコーティング剤(シラザン50) | 日本ライティング
ガラスコーティング剤(シラザン50)の一覧ページです。日本ライティングが開発・販売する様々なコーティング剤からコーティングに関するメンテナンス剤も販売しております。

コメント