バス釣り道具の収納に!大容量タックルボックスVS-3080がすごかった!

グッズ

バス釣りを長くやっていると、新しいルアーや小物が増えていって収納する場所に困りますよね。

 

はじめのうちはルアーケースやホームセンターにあるような収納ボックスに入れていてもいいんですが、種類が増えていくとどこに何を入れたか分からなくなってきて大変…。

 

そんな悩みを解決するため、今回はルアーや小物の収納にとてもオススメなメイホウのタックルボックス『VS-3080』の紹介をしていきます。

 

 

こんな人に役立つ記事・VS-3080の購入を検討している

・釣り道具の収納に困っている

 

VS-3080ってどんなタックルボックス?

『VS-3080』は一言でいうなら欲しい機能のほとんどを集約したタックルボックスです。

 

ルアーを置くスペースはもちろんのこと、スピナーベイトや小物なら大抵の物が入れることが出来る収納力に持ち運びやすいアタッシュケース型の本体、耐衝撃性の素材による高強度とありがたい機能が勢ぞろいしています。

 

そのくせ値段もかなり安いので初心者にも上級者にもぜひ使ってみてほしいアイテムです。

 

VS-3080に収納できるものの一部

・ルアー

 

・スピナーベイト&バズベイト

 

・ワーム(パッケージごと)

 

・ルアーケース(VS-820NDだとジャストサイズ)

 

・予備のルアーやライン

 

・ラインリサイクラー

 

・メジャー、プライヤー等の小物

 

 

amazonでの実売価格は5000~6000円程度

定価は7700円で、これでも安いと思うんですがAmazonで買うと5000〜6000円で手に入ります。

 

値段はカラーによって違い、ブラックの方が人気なのか少し高めになっていますね。

 

2段で各部屋に仕切りを入れる事ができる

1段目のルアー入れは自分の持っているルアーのサイズに合わせて細かく区切る事ができるので、ミノーなどの長めのルアーでも小さいルアーでも無駄なく入れる事ができます。

 

2段目には大きめのスペースが2つあって、ルアーケースやスピナーベイトラックを入れる事ができます。

 

また、高さもあるので予備のルアーを入れたりスケールやビックベイトといった少しかさばるアイテムが入るので結構助かります。

滑り止め付きなのでボート釣りでも安心

『VS-3080』の底面には滑り止めのゴムが付いているので、ボート釣りの時に乗せても滑る心配がありません。

 

エレキでの釣りならまだ大丈夫なんですけど、エンジン付きで琵琶湖とか走る時って滑り止めが無いと結構滑るんですよね。

 

和船をレンタルした時は特に固定しておく場所が少ないのでこういった滑り止めがあると助かります。

カラーは全4色

カラーは全部で4色あり、どれも定番なカラーなので見た目はかっこいいです。

・ブラック

・レッド

・イエロー

・マットグリーン

中でも人気カラーなのがレッドとブラック。私がボート釣りをしている時に見かけるのはほとんどがこの2色です。ちなみに私も赤が好きなのでレッドを選んでいます。

VS-3080レビュー

実際に自分が使っているものを使ってレビューしていきます。

 

側面、ケースの蓋の部分には外れにくいようしっかりとロックできるようになっています。

金具部分をひっかけるだけでいいので簡単にロックができ、力もほとんどいりません。

 

取っ手は太目でしっかりと握り込めるので、道具を詰め込んで重たくなっても手への負担が少なく持ち運びやすいです。

 

上段部の写真です。上側は横長のスペースが3列あって、基本ここにルアーを入れることになると思います。

 

一部のビックベイトやワイヤーベイト以外ならなんでも入るんですが、全てのルアーを入れようとすると少し小さめかな?

 

ですが、下段に大量のルアーケースを入れることができるので特に収納量は気になりません。

私はボート釣りの時、取り出しやすいよう主力ルアー入れにしています。

 

下側の大部屋は小型のケースや小物類が置けるようになっていて、すぐに使うフックやラインカッターなどを入れておくと便利です。

 

 

こちらは下段の写真。

 

大部屋が2つあって、横に区切っていくことができますね。

 

上段より深いのでルアーケースを入れることができます。同じメイホーのVS-820NDなら左側に最大7つまで入れることが出来るので相当な数のルアーやワームを持ち運べるので遠征の時はすごく助かります。

 

右側にはスピナーベイトラックを設置可能。

 

大量のワイヤーベイトを持って行けるので好きな人にはたまらないんじゃないでしょうか?区切りつきのルアーケースだとワイヤーベイトって入らないから困るんですよね・・・。

 

ただ、ラックは間隔が少し狭めで、バズベイトをかける時は1つ間隔を空けて置かないと接触するので注意がいります。

 

このように『VS-3080』はとにかく収納力がすごいので持ち運ぶためだけでなく整理するためのボックスとしても大活躍すること間違いなしです。

 

唯一欠点を上げるとするなら、なんでも入りすぎるので使わないルアーまでパンパンに持って行ってしまうことくらいでしょうか。

『VS-3080』はバス釣りで活躍間違いなしのタックルボックス!

今回紹介させていただいた『VS-3080』は数あるタックルボックスの中でも頭一つ抜けた収納力があります。

 

ルアーケースやリールといった釣りに必要な道具が入るくらいのスペースがあるので、釣りに持って行くだけでなく家にある釣り道具をまとめるための収納ツールとしても活用できるので一つ持っているだけでもかなり活躍すること間違いなしです。

 

コメント