相性抜群!チャターベイトに合うおすすめのトレーラー

バス釣り

チャターベイトには無くてはならない存在であるトレーラーワーム。

チャターベイト本体は、各メーカーが機能を紹介してくれているのである程度わかります。

 

しかし、合わせるワームの種類についてはあまり説明が無くて悩みますよね。

そこで今回はチャターベイトに合うトレーラーの選び方と、おすすめのワームを紹介していきます。

 

チャターベイト本体についてはこちらで紹介をしていますので、参考にしてください。

デカバス狙いならこれ!チャターベイトの使い方とおすすめルアー3選
現在あるルアーの中では比較的歴史が浅いと言われているチャターベイト。 チャターベイトはラバージグのヘッドにブレードを付けた形状をしており、ブレードによる金属音とラバースカートの揺れによってバスに強烈にアピールするといった特徴をもっ...

トレーラーワームの種類

トレーラーワームとして使われているものは主に4種類あり、それぞれ役割が異なってきます。

 

大きく変わるのは巻き抵抗とアピール力の補助。特に巻き抵抗はレンジ操作に必要で、チャターベイト本体ではどうしようも無い部分なのでトレーラーワームに頼ることになります。

ピンテールワーム

 

O.S.Pのドライブスティックやエバーグリーンのバスエネミースティックのようなピンテールワームは、チャターベイトの動きを邪魔することなく一体化します。

 

直進タイプのチャターベイトと相性がよく、アクションもナチュラルなので、クリアウォーターやバスが見切るような状況で活躍してくれるでしょう。

ストレートワーム

ピンテールワームよりさらにタイトな状況で活躍するワームです。

 

早春や初冬といったバスの活性が高くない状態が基本といった時期では、ボリュームや波動が強いとバスがこの餌は元気がありすぎて追えない、といった感じで諦めてしまいます。

 

そういった時にボリュームの小さいストレートワームなら、バスが捕食対象と認識してくれるのでバイトまで持ち込めるのです。

 

さらにストレートワームのトレーラーは振動しないと思われがちですが、チャターベイトの振動を受けることでワームも微振動をするのでしっかりとバスを誘う役割を果たしています。

シャッドテール

チャターベイトをはじめジグヘッド系ルアーのトレーラーとして人気があります。

水噛みのいいテール部分がブレーキになって、中層をゆっくり泳がせることが得意です。

 

ブレーキが効くということは、チャターベイト 本体のアクションを抑えるということにもなるので、アピールを抑えたい時に使うと効果的。

逆に濁りが強く出来るだけアピール力をあげたい時にはシャッドテール系は控えた方がいいでしょう。

クロー系ワーム

ただ巻きをすると2つのクローが強波動を起こすためアピール力は強めで、特に濁りのきついフィールドでは効果抜群です。

 

バスは目だけでなく側線という器官をもっていて、水中での振動を感知して対象との位置関係を把握することができます。

 

濁りがきつく視界が悪い時、バスは側線のみに頼ることになるので波動の強いクロー系ワームは気付かれやすく他のワームより有利になるのです。

トレーラーワームの選び方

チャターベイトのトレーラーは形状によって動きが変わってきます。しかし、サイズにおいては単純に大きければアピールが上がるといったものではありません。

 

釣り合わないサイズを装着してしまうと、チャターベイトとの一体感が失われるだけでなく、動き自体がおかしくなってしまいます。

 

トレーラーサイズの目安はは大体3.5~4.5インチの間で選ぶようにしましょう。もちろん細身のワームだからもう少しサイズアップしていくのも構いません。要はチャターベイト本体とトレーラーのサイズがチグハグにならないよう気を付けよう、ということです。

直進タイプ

直進タイプは癖のない動きが特徴なので、干渉の少ないピンテールかストレートワームがおすすめです。

 

濁りがあったりボリュームが欲しかったりする時はピンテールを、クリアで出来るだけボリュームを抑えたい時はストレートを使うと釣果につながります。

千鳥タイプ

イレギュラーなアクションがキモになる千鳥タイプのチャターベイトには、シャッドテールかクロー系のワームがおすすめ。

シャッドテールはチャターベイトの振動を受けることでテール部分が大きく動きアピールしてくれます。

 

またブレーキの役割もこなすので、一定のレンジをゆっくり丁寧にトレースしたい時に役立つでしょう。

 

クロー系は最もアピール力が高く、雨や風がある状況で活躍するワーム。

2つのクローによるアクションを最大限活かせるよう、千鳥タイプのルアーがおすすめになります。

 

チャターベイトのトレーラーおすすめランキング

ここからはチャターベイトのトレーラーとしておすすめしたいワームを種類別に紹介していきます。

ピンテール

デプス サカマタシャッド

ボリュームを出したい時に役に立つのがサカマタシャッドです。

 

ボディがでっぷりしているのでチャターの振動に負けて振り回されることがなく、遅巻きから早巻きまで対応可能。

それでいてテール部分はしっかりと振ってくれるので、ボリュームだけでなく動きでもアピールしてくれます。

 

サイズは定番の6インチか、少し抑えた5インチがマッチするでしょう。

 

O.S.P ドライブスティック

色々な使い方ができることで評判のドライブスティックは、もちろんチャターベイト のトレーラーとしても優秀。

 

巻いてくるとテールが微振動を起こして、小さく艶かしい動きをしてくれます。

細身ですが自重があるので飛距離アップにも役立ちます。

 

サイズは3.5インチが1番合わせやすいので、使ってみてください。

 

ストレート

エバーグリーン ツインテールリンガー

ツインテールリンガーが他のストレートワームと違うところは、2つのテールにリング状のリブが入っているということです。

 

チャターベイトのトレーラーとして使った時、テールがしっかり水を受けることで複雑な動きを起こします。

2つとも別々の動きをするのでバスへのスレにも強く、プレッシャーのかかったフィールドでも使えます。

 

シャッドテール

ジャッカル リズムウェーブ

元々アクションは少し抑えめに作られていますが、チャターベイトと組み合わせる事で程よくブレーキをかけつつテールを小気味良く震わせて泳ぎます。

 

また姿勢の安定性も高く、シャッドテールにありがちな尻下がりにもならないので幅広いリトリーブ速度で使うことができました。

 

千鳥タイプでも直進タイプでも相性のいいおすすめのワームです。

 

クロー系

ZBC ウルトラバイブスピードクロー

内側に巻いた2つの大きな爪が水を受けることによって大きく揺れ動いてくれるワーム。

 

クロー系はボディが大きいものが多いのでチャターのトレーラーにする時、どうしてもラバーの可動域をせまくしてしまいがち。

しかし、ウルトラバイブスピードクローはボディが細身なのでラバーの性能を最大限にいかすことができます。

 

使い方としては、水の抵抗が強く浮き上がりやすいのでゆっくりと引くことが基本となります。

そのためバスがあまりルアーを追わない季節に効果的で、短い距離をしっかりとアクションしてくれるワームです。

 

フラッシュユニオン ユニオンクロー

ひと際大きくバルキーな爪と2本の長い触覚が特徴的なワームですね。

 

チャターベイトのトレーラーとして使うことで、爪がブレーキになりシャッドテール的な役割と大きく揺れてアピールをしてくれます。

 

フォール時の動きも良いので、中層より下をストップアンドゴーで引いてみるのもいいかもしれません。

 

 

コメント