初めてのバス釣りその1!初心者が最初に買うロッド(竿)の選び方

バス釣り

 

ほとんどの人が、バス釣りを始める時に迷うのがロッド(竿)とリールだと思います。

 

店やネットを見ると色々な種類の道具があふれているうえに、説明も専門用語で書かれている事が多いので混乱しがち。

 

私もはじめはこの道具は〇〇がすごい!新作には〇〇が搭載されています!なんて言葉を見て迷いに迷いました。

そこで今回は初心者でも最低限覚えておくべき知識を解説しつつ最初の一本としてオススメできるロッド(竿)を紹介していきたいと思います。

こんな人の悩みが解決できます・初心者にオススメのロッドが知りたい

・出来るだけ安く揃えたい

バス釣り初心者が最初に買うロッド(竿)の選び方

バス釣り初心者が買うロッド(竿)の選び方ですが、結論からいうと以下の点になります。

 

 

・万能ロッド(バーサタイルロッド)から買う

・周りに教えてくれる人がいない場合はスピニングロッドから

・ロッドの硬さはMLかLを選ぶ

・長さは6フィート前半のロッドを選ぶ

・最初は1万円までのモデルを買おう

それでは、一つずつ解説していきたいと思います。

 

最初に特化モデルは選ばない!

初心者がバスロッドを買う時に気を付けてほしい点として、特化モデルを選ばないということ。

例えばフィネス用とか極端に硬い竿(XH)とかのことですね。

 

これらはある用途に特化させた作りをしているので、使う場面が限られてしまうんです。

 

特化モデルを選ぶのはある程度釣りに慣れて来てハッキリとこういう釣りがしたい、ってなった時に初めて選択肢に入れるとして、最初は万能なロッド(バーサタイルロッド)を選んでおきましょう。

初心者はベイトロッドよりスピニングロッドがオススメ

バス釣り用のロッドには「ベイトロッド」と「スピニングロッド」の2種類があります。

 

ベイトロッドは投げる時に慣れが必要で、失敗するとライン(糸)が絡まってトラブルになりやすいです。

ただ使いこなせるようになると狙ったところにルアーをコントロールしやすく、バスとの力強いファイトもできるようになります。

 

一方スピニングロッドはコントロールこそベイトロッドに劣りますが、ライン(糸)のトラブルが少なく初心者でも扱いやすいので初心者のうちはスピニングロッドをおすすめします。

 

ただ、周りに教えてくれる人がいる時はベイトロッドの使い方を教えてもらって早いうちに慣れるのもいいかもしれません。

ロッドの硬さはMLかLを選ぶ

ロッドの硬さは一番硬いXHから一番柔らかいULまでの7種類があります。

XHやULはそれでしか投げれないようなルアーもあるんですが、幅広さが無いので初めの一本としてはおすすめできません。

MLやLのロッドだと1年通して使えるルアーが多いので、最初の一本としては最適といえるでしょう。

 

 

長さは6フィート台前半がおすすめ

6フィートってどのくらいの長さなの?と思う人がいると思いますが、ロッドのサイズ表記は基本的にフィートで表されます。

 

1フィートあたり約30.48センチ、1インチが約2.54センチになります。

なので、6フィート前半は183センチから195センチくらいで、身長より少し高いくらいのサイズですね。

 

6フィート前半のロッドをおすすめするのには理由があります。

バス釣りでは野池や湖といったように色々なフィールドで釣りをすることになります。

 

時には後ろに木を背負うような窮屈なところにいったりするので、あまり長いロッドだとやりづらいんですよね。

 

かといって、短すぎるロッドだと遠くに飛ばせないので飛距離を出しつつ取り回しの良い6フィート前半のロッドがおすすめです。

価格は1万くらいで抑えよう

1万円までの低価格帯モデル6万以上する高価格帯モデルの大きな違いは「専門性」です

 

「専門性」とは、たとえばルアーを巻くことに特化していたり飛距離を出すことを目的としたり様々なシチュエーションに強みを持っているということです。

 

高価格帯モデルには、最新の技術を搭載したりトップバスプロが監修をして作られているので、上級者が特定の状況で使えるような尖った性能をしています(もちろん基本的な性能も高いですが)

 

一方で低価格帯のモデルは初心者に向けて作られているため、一本のロッドで色々な釣り方を平均的に楽しめるように設計されています。

 

そして初心者の方に覚えておいて欲しいことは高価格帯のロッドでしか釣れないような状況はほとんど無いということ。

 

買うのはバス釣りにどっぷりハマってからでも遅くありません。

初心者にオススメのバスロッド

1万円以内で初心者にも扱いやすいロッドを紹介していきます。

 

どれもコストパフォーマンスの良い物で、上級者でも使い続ける人がいる名作ぞろいです。

ぜひお気に入りの逸品をみつけてください。

 

スピニングロッド

アブガルシア バスフィールド BSFS632L


多様なスピニングの釣りに対応する、初めての一本に最適なオールマイティ スピニングロッド。

 

喰いこみの良いソフトなティップでの繊細なライトリグの釣りから、軽めのシャッドやミノーを使用したハードプラグの釣りまで、様々な釣り方に幅広く対応し、シーンや場所を選ばず活躍可能です。

 

 

シマノ バスワンXT 263-ML2

シマノのエントリーモデルロッド。

軽めのワームや小型のルアーを投げるのに最適で軽めに振っても飛距離を出すことができます。

同価格帯のロッドの中では感度も良く、魚がかかったことがすぐにわかるので、魚を釣った経験の少ない人でも当たりをとりやすいです。

デザインも良く、価格以上の見た目をしているのもいいですね。

 

 メジャークラフト バスパラ BXS632L


淡水魚から海水魚までコスパの良い入門用ロッドを提供することで人気のあるメジャークラフトが販売するバスパラシリーズのライトモデル。

 

ライトリグや軽めのルアーに対応していて、操作性・取り回しよく釣りができるので初心者にも安心して使うことができるロッドです。

ロッドとリールの種類は合わせよう

最後に、ロッドにはベイトロッドとスピニングロッドがあると紹介しましたが、リールにもベイトリールとスピニングリールがあります。

 

ベイトロッドにはベイトリール、スピニングロッドにはスピニングリールしか取り付ける事ができないのでリールを買う際は種類が合っているか必ず確認するようにしてください。

 

私は初心者の頃そのことを知らずにスピニングロッドにベイトリールを買おうとしてしまった事があります。

その時は釣具屋のおじさんが教えてくれたので助かりましたが通販では教えてくれる人はいないので気を付けるようにしましょう。

 

初めてのバス釣りその2ではリールの紹介もしていますので、ぜひ読んでみてください。

初めてのバス釣りその2!初心者が最初に買うリールの選び方
リールは釣りをする時にとても重要な役割をもっていますが、 バス釣り初心者のうちはリールごとの特徴やどれがオススメなのかなんてわかりませんよね。 そんな初心者の方の手助けになればと思い、本当におすすめできるバス釣り用リールの選び方を紹介していきます。

コメント