【春本番】4月のバス釣りで爆釣するためのポイントやおすすめルアーの紹介

バス釣り

 

この記事を読むとこんな悩みが解決できます

 

・4月のバスの傾向

 

・4月のバスを釣るために狙うポイント

 

・オススメのルアー

 

 

春も進んできてちょうど中頃にあたる4月。バス釣りをやる人の中にはこの頃から本格的に始めるって人も多いんじゃないでしょうか。

 

4月はバスにとっても動き始めのタイミングで活動も活発になり、スポーニングへ向けたエサの食いだめもあるのでプリプリに太ったバスが釣れるという、一年で一番楽しい季節になります。

 

しかし、活発になったからといって簡単に釣れるるわけではありません。冬に失った体力を回復する段階なのでルアーに反応するものの、まだ身体が追いついていない状態なんです。

 

そこで大事になってくるのはエリア選びと探るレンジ、そしてルアーのリトリーブ速度。それを読み間違えるとボウズで終わる可能性が高くなるシビアな季節でもあります。

 

この記事では4月のバス釣りを攻略するための攻め方や春にオススメのルアーを紹介していきますので、ぜひ参考にしてください。

4月のバスの傾向

4月のバスは3月と比べると水温も上がってきて中型や小型のバスが活動を始めます。

 

そして1年で最大のイベントであるスポーニングを本格的に迎え、食い気は最高潮に。

 

一方、広範囲に散る秋の荒食いシーズンと比べると、スポーニングの影響もあってポイントには偏りが見られます。

 

居ない所には居ない、居る所には居る。といった感じになっているので、何度か通ってみる事が釣れる鍵になるでしょうね。

プリスポーンとミッドスポーンバスが混在

早いフィールドでは4月上旬、遅ければ下旬頃からミッドスポーン(産卵中)に入ります。

 

私の通っている東播野池では、4月の半ば頃にはネストを守るオスのバスの姿を見かけるようになるので、関東側では下旬あたりにミッドスポーンに入るのではないでしょうか。

 

このプリスポーンかミッドスポーンかの違いで、ルアーセレクトや難易度が全然変わってくるので注意する必要があります。

水温13〜15℃を境にスポーニングに入る

バスの産卵には水温が関係していると言われており、目安として13〜15℃からスポーニングを始めます。

 

私の経験としては、水温計で測って13℃以上が3.4日続いたあたりからスポーニングに入っているように感じますね。

 

その他にもハードボトムにスポーニングベッドが目視できたり、大潮を超えた辺りはミッドスポーンを意識した方がいいかもしれません。

シャローのストラクチャー付近がメインの餌場になる

春に入りプリスポーンになると、冬のディープエリアから上がってきてシャローにいるザリガニやベイトフィッシュを荒食いし始めます。

 

しかし、冬場で体力を落としたバスはまだまだ本調子ではないためストラクチャー付近に身を寄せて最低限の力で体力をつけようとします。

 

これがだいたい3月末から4月上旬あたりの傾向になって、そこから体力を戻したメスのバスはベイトを求めてシャローエリアや岸際を回遊し始め、オスのバスはスポーニングに向けてスポーニングベットを作り始めるわけです。

4月後半からはミッドスポーンやアフタースポーンに入り始める

4月の後半になるとミッドスポーンと呼ばれる産卵行動のバスが増えてきます。

 

産卵中は非常にナイーブになって、捕食より産卵に集中するのでルアーに対してほとんど口を使うことがなくなるため、難易度の高いといわれる時期です。

 

オスのバスもスポーニングベッドを守るために、エサを食べずひたすら外敵を排除しようとするので、この時期に釣れるバスは痩せ細っている事が多いでしょう。

 

またバスの繁殖を守る観点からも、スポーニングベッドを守るオスのバスを釣る事に抵抗がある人もいるので、気になる方はスポーニングベッド付近に居るバスは狙わない方がいいかもしれません。

4月のバス釣りのポイント

春の中頃である4月は3月と違い横の動きをするルアー使ったスピーディな釣りがメインになってきます。

ストラクチャーのような縦のスポットを抑えつつ、地形変化をメインに釣りを組み立てていきましょう。

大潮の前の中潮を狙う

満月の大潮というのは、バスに限らず人間を含めた生物の活動が活発になる時。

 

特に春のスポーニングシーズンだと、バスは産卵にともなう様々な行動が大潮を中心におこなわれます。

 

潮回りというと水位の上がり下がりがある海釣りのイメージが強いんですが、バスにも影響があることがアメリカの研究機関による追跡調査でも判明しているようで、私自身春先にデカバスを釣ったのが大潮の前日でした。

 

大潮がバスにとって産卵のタイミングであるなら、その直前である中潮のタイミングは栄養を貯め込む最後の追い込みのためシャローに上がってくるというわけです。

 

 

こちらの動画を見ていただいてもわかるように、イマカツのオーナーである今江さんも潮回りとバスの行動について語られています。

シャローにあるストラクチャー

4月の定番中の定番であるシャローでも、特にスタンプや立木などストラクチャーが絡む場所は、バスが身を潜めやすくベイトが回遊しやすい場所なので特に実績が高い場所になっています。

 

釣りやすいポイントですが同時に根がかりが起きやすい場所なので、攻めるときはすり抜けがよくベイトフィッシュを模したシャッドテールやスピナーベイトがおすすめです。

 

ブレイクライン

水深がいきなり深くなるようなブレイクラインといわれる所はベイトフィッシュ系のストック量が多く、それを求めてバスが定期的に回遊してくるような場所です。

 

私の通っている青野ダムのようなワカサギレイクでは、春先になると流れの絞れた場所のブレイクラインなんかが定番ポイントとなって常に先行者がいるくらいのポイントになるくらい釣れています。

 

4月にオススメのルアー3選

4月のバス釣りにオススメのルアーですが、反応がいい横の動きを意識したルアーチョイスになります。

 

上旬のプリスポーン、下旬のミッドスポーンどちらもファストリトリーブよりミドル~スローリトリーブを好む傾向にあるので速度を意識するとより釣れるようになるでしょう。

シャッドテール(ネイルリグ)

4月中ずっと使うことのできるワームセッティングがオススメになってきます。

 

4月上旬のプリスポーン時期は身体が動ききらないバスが追いつけるよう、中層から上をスローに巻いていきましょう。

 

4月下旬ではザリガニ等の甲殻類を捕食するためボトム付近を意識していることが多く、ずる引きが効果的になるんですよね。

動かし方はザリガニが動くようにゆっくり底を這わしていって、たまにトゥイッチでアクションをつけてあげるといいでしょう。

 

シャッドテールで釣れるバスのサイズは30cm~50cmあたりと幅広いので、一匹を上げたいって時にオススメです。

 

 

おすすめルアー一誠のキャラメルシャッドはウォブリングアクションが優秀で、アピール力も高めに作られているので高活性なバスへのアプローチが得意です。

また、底を引いても自発的なアクションを起こしてくれるのでバスを強烈に引き寄せてくれます。

 

ミノー

ダム湖や河川で毎年活躍して、デカバスキャッチ率が高いのがミノー。

 

エビなどボトムのベイトが動かない4月の初め頃は、バスの意識が上に向いていることが多く、表層系のルアーがメインになります。

 

特に流れのある場所の岸際にはベイトフィッシュが溜まりやすく、流れがある所との境目は狙い目です。

 

上旬はステイで間を作りつつバスを寄せていくやり方が効果的で、中旬以降になるとリトリーブ速度を変えながらただ巻きが効率的になります。

ミノーでバスを釣りたい人のために使い方や釣れる季節を徹底解説
バス釣りでポピュラーなルアーであるミノーですが、扱いが苦手だ…って人が多いルアーでもあります。 その理由として挙げられるのが使い方を理解していないことじゃないでしょうか。 今回はミノーでバスが釣れないって人が少しでも釣れるようになるように、基本的な使い方や季節ごとの相性を紹介していきたいと思います。

おすすめルアーレイドジャパンより販売されているレベルミノーは色々な速度のただ巻きに対応でき、飛距離も出せるので春先の釣りにピッタリですね。

クランクベイト

野池やハードボトムの多いフィールドでぜひ持っていきたいルアー。

 

狙うポイントとして、少し深い位置からシャローへのカケアガリをボトムノックや底が見えるか見えないか辺りの岸際が狙いになります。

 

クランクベイトの効果的なシチュエーションとしては、ローライトや濁りが入ったフィールドです。

 

特に濁りがある時は同じ場所も何度も早巻きする事でリアクションバイトの誘発が期待できるので、何度も通してあげることが重要になります。

 

詳しくはこちらの記事でも解説しているのであわせてお読みください

【超厳選】実績抜群のおすすめクランクベイト5選を絞りに絞りました
長い歴史の中で進化していき、今では細かくレンジ分けや独自の機能を備えてかなりの数のクランクベイトが存在しています。 しかしそれだけ沢山のクランクベイト があると、結局どれを買えばいいんだろうって迷ってしまいますよね。 そこでこの記事では、数あるクランクベイトの中でも特におすすめなものを5つに絞って紹介していきます。

おすすめルアーエバーグリーンより発売されているワイルドハンチなら水深1m前後の表層付近を探れるし、ボトムノックさせた時の根がかり回避性能も高いのでオススメです。

コメント